薬瓶

成形が難しい薄型製品の離型にはフッ素コート剤使用の離型剤がいい

薄型化、小型化、軽量化など、近年、新製品に求められている仕様は、持ち運びや収納がより楽に出来るコンパクトさです。これに伴い、従来はかなりの厚み、重さ、サイズであった様々な製品が、モデルチェンジをする際に、より薄くて軽く、小さくなっています。
シリコン製品、ゴム製品もこの流れと無関係ではありません。しかし、こうしたコンパクトで薄い製品を、成形過程で破損品を出さずに離型するのはかなりの難題です。
このような場合に最適な離型剤として、主成分がフッ素コート剤のものがあります。フッ素コート剤を金型に塗布した場合、離型性能を発揮するのは、フッ素樹脂で出来た塗膜です。フッ素コート剤の場合、この塗膜が非常に薄くても優れた離型効果があることが、他の離型剤には見られない独特の特徴です。
薄型製品や小型製品の場合、素材を流し込む金型のスペースも狭く小さくなりますが、そのような場所でもむらなくしっかり塗布できるため、金型と成形物を綺麗に分離できます。製品の構造が複雑な場合も成形は難しいですが、この場合もフッ素系離型剤を使えば、離型作業はスムーズです。
コンパクト化、スリム化という市場の要請に応えられるシリコン、ゴム製品を成形するには、フッ素系の離型剤を選ぶのがおすすめです。