薬瓶

優れた離型効果を誇るフッ素コート剤が主成分の離型剤の特徴

製品には、組み立てて作るタイプのものと型抜きをして作るタイプのものがあります。プラスチック製品、シリコン製品、そしてゴム製品などは、後者の方法で製造する場合が多いです。身の周りにあるプラスチック製品をよく見てみると、継ぎ目がないものが沢山あるはずです。これは、型を使って素材を成形して作っているためです。
型抜きをして作るタイプの製品では、組み立てるタイプとは異なり、製造工程である特殊な薬剤を使用する必要があります。それが離型剤で、中でも、成分がフッ素コート剤のものは、使いやすく性能がいいので人気があります。離型剤に期待される効果は、製品を作る際、型の表面をコーティングすることで、型の中身をスムーズに取り出しやすくすることです。
フッ素コート剤を使ってる離型剤は、この点での効果が非常に高いです。それは、成分のフッ素コート剤が、ちょうどこの効果を発揮するのに最適な特徴を備えているからです。その特徴は、非粘着性というもので、読んで字のごとく、モノ同士が互いに粘着しないようにするという珍しいものです。実際、この特徴はフッ素コート剤に特有のものであり、そのため、フッ素系離型剤は、他の成分のものとは一線を画するレベルの高い離型性能を誇っています。