薬瓶

主成分がフッ素コート剤の離型剤で製品の形を綺麗に造ろう

粘土細工や焼き物をするときには、作品の形は手で整えます。手で整えた形は、多少歪であっても、一点もの、ハンドメイド品ならではの味わいということで、却ってポジティブな評価をされるものです。しかし、大量生産して販売される規格品では、そういうわけにはいきません。一分の狂いもなく、同じサイズ、形状のものを製造する必要があります。そのため、手で作業する代わりに、金型という型を使用して、製品を綺麗に形作るという方法を取ります。
型を使った場合、手作業で形を作る場合よりも綺麗に出来ることは周知のとおりです。しかし、プラスチックやゴム製品を金型を使って成形する場合、金型だけでこのプロセスを完遂できるわけではありません。というのは、成形物が金型に粘着して、分離の際に壊れたり崩れたりしてしまうためです。そこで、フッ素コート剤が主成分の離型剤を使います。
フッ素コート剤は、様々な製品の表面をコーティングするために使用されていますが、その目的は、撥水撥油、非粘着性などの特性を付与して、汚れや水分が吸着されないようにすることです。金型に離型剤を塗布すると同じ効果が発揮され、成形物を苦も無く金型から剥がすことが出来るようになります。
プラスチックやゴムの製品を綺麗に形造り、その状態のまま金型から取り出すには、フッ素コート剤使用の離型剤を選ぶといいでしょう。