薬瓶

追加塗布が可能なフッ素コート剤使用の離型剤は製造現場で好評

タイヤのフレーム

離型剤は、金型と成形物の間で膜を形成し、成形物が金型に付着するのを防止する役目を果たします。離型作業を幾度も繰り返しているうちに、金型に塗布された離型剤が少しずつ成形物に付着し、離型剤の膜が薄くなるにつれて、離型性能が劣化してきます。離型性能が劣化すると、綺麗な成形が出来なくなり、失敗作が続出することになってしまいます。
このような場合は、金型に離型剤を追加塗布する必要がありますが、フッ素コート剤を含む離型剤には、こうした用途に適したハンディな製品があります。刷毛などを使って金型に塗布できるもの、あるいは、スプレーでふきつけるタイプのものです。
こうした離型剤がなかったら、不良品を量産するわけにはいかないため、金型の継続使用はいったん中止せざるを得なくなります。そして、その金型への離型剤処理を業者に外注している間は成形作業ができないため、製品の生産量が落ち込むことになります。離型剤処理済の金型を複数用意しておき、1つ目の金型の離型剤コーティング処理を外注している間は、代理の金型を使うという方法もありますが、これではあまりに不経済で、非現実的でしょう。主成分にフッ素コート剤を使用している離型剤で、現場対応が可能な製品を購入しておくのがベストな対応です。

フッ素コート剤使用の離型剤の効果

製品のデザインと用途は、一体不可分の関係にあります。ある用途のために製品を作ることを決めたら、その用途に相応しいデザインが考案されます。しかし、そのデザインも、現実的に製品化することが可能なものでなければ、市場にでることはありません。製品化するためにクリアする必要がある条件は、少なくとも2つあります。1つは、成形のための金型を用意できること、もう一つは、成形物が一切、破損や変形することなしに、金型から取り外し可能であるということです。
後者の条件を満たすために使用される薬剤が、離型剤です。特に、フッ素コート剤を成分として使用し、フッ素樹脂被膜によるコーティングの特性を生かしたフッ素系離型剤は、この役割にピッタリです。その特性とは非粘着性と呼ばれるもので、ものとものが互いにくっつくのを防ぎます。身近な例では、テフロン加工したこげつかないフライパンが分かりやすいでしょう。
フッ素コート剤使用の離型剤を使うと、金型が、こげつかないフライパンのような状態になり、そこに「食材」に相当するゴムやシリコンなどの素材を流し入れても、「こげつかない」、即ち、金型に粘着しないため、成形物を綺麗な状態で取り出すことが出来るわけです。

フッ素コート剤使用の離型剤でプラスチックも綺麗に金型から剥がせる

お鍋でカレーやシチューを作って、中身がお鍋に付着しているのを見たことがあるでしょう。プラスチックやゴム製品を作る時、形を与えるために金型を使いますが、この時にも基本的には、同じことが起こります。つまり、中身、すなわちプラスチックやゴムという材料物質が、「お鍋」、つまり金型に付着します。
しかし、お鍋と違って、金型は、素材を一定の形を持った製品に変えるために使うので、金型からその形のままで取り外しができなければなりません。材料物質が金型に付着するということは、製品のそのパーツが金型にくっついて欠損しているということです。これを防ぐ役割を担うのが、離型剤と呼ばれる薬剤です。
お鍋の例で言えば、テフロン加工をした製品の場合は、中身のお鍋への付着は殆どありません。同様に、フッ素コート剤を含む離型剤で金型をコーティングすると、材料物質は、金型に付着しなくなり、製品としての形を維持しつつ、綺麗に剥がすことが出来ます。離型剤を使用しない、或いは、性能の悪い離型剤を使うと、製品の体を成さない不良品がどんどん作られてしまい、非効率かつ不経済です。ゴムやプラスチックの離型には、是非、フッ素コート剤を使った離型剤を選びましょう。


フロロテクノロジーの離型剤はLEDなどのマイクロレンズも成型することができます。
スプレーなどで容易に製造現場で簡単に塗布可能なのでおすすめです!また、引火性のない不燃性溶剤を使用しているので安全です。